ワンピースネタバレ

ワンピース1099話ネタバレ考察: ボニーの病を治したのはDr.ベガパンク?

×

ワンピース1099話ネタバレ考察: ボニーの病を治したのはDr.ベガパンク?

Share this article
5/5 - (1 vote)

ワンピース1099話ネタバレ考察: ボニーの病を治したのはDr.ベガパンク? 2023年11月27日発売の週刊少年ジャンプに、ワンピース1099話が掲載予定です。

続きを読む:  ワンピース1090話ネタバレ考察|海軍は島への攻撃を開始しますか?

ワンピース1099話ネタバレ考察: ボニーの病を治したのはDr.ベガパンク?

「Spoiler Plus」
「Spoiler Plus」

ボニーの出生が明らかになりました。

天竜人に目をつけられていたジニーは、攫われて妻にさせられるも病気になったらあっさり捨てられてしまいます。

治らない病を受け入れ、1人ソルベ王国に戻ったジニー。くまが駆けつけた時にはジニーは息絶えていましたが、代わりに残されていたのがジニーの子ボニー。

くまはボニーを育てることを決めましたが、ボニーにも悲劇が訪れて!?

続きを読む:  ワンピース1083話ネタバレ:マリージョアの真実とくまの記憶

それでは、この記事では、ワンピース1099話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ジニーとボニーを蝕んだ病は“青玉鱗”という名の難病でした。しかし、その診断ができる医者すら少ししかいないとても珍しい病気で、治療法なんてもちろんありませんでした。

自然光を遮ったとしても時間と共に進行していく病のため、治療法もないボニーは10歳まで生きることも難しかったはず。

しかし、結果的にボニーは生きています。普通に外で生活しており、顔に青い石の病変もありません。

つまり病気は感知してい

速いペット
速いペット

ワンピース1099話ネタバレ: Dr.ベガパンクは科学者兼医者?」

世界一の科学者という肩書の印象が強いベガパンクですが、パンクハザードでシーザーの実験の被害者になっていた子供たちは、救助された後でベガパンクに見てもらうことになっていました。

続きを読む:  [ネタバレ] ワンピース 1080 詳細 - 来週の水曜日にリリース

その他人造人間などもベガパンクは作っているため、科学者として人の体を知り尽くしており、医者としての知識も持っていると思われます。

当時から知識があったとすれば、ベガパンクは青玉鱗を治す方法を見つけていたかもしれませんね。

ここでボニーを助けてもらったからこそ、くまはベガパンクの実験台になったと予想されます。

ワンピース1099話ネタバレ:「くまはボニーの命を人質に取られていた!?」

ボニーを助けてくれたのはベガパンクだとして、そう簡単に話が進んだとは思えませんよね。ベガパンクは政府の科学者。

そしてくまがバッカニア族の血を持つ奴隷の種族であったことから、くまの思いを知った世界政府がベガパンクに治療の許可を出さなかったと予想します。

そしてボニーを治療する代わりに、くまが実験台になれ、というのが政府の要求。

くまはジニーの思いを汲んでボニーを必ず育て上げると約束したため、政府の要求をのんだのではないでしょうか。これがくまが実験体になった理由なのです。

まとめ

この記事では、ワンピース1099話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ボニーの病気が治った経緯、気になりますね!

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です