ワンピースネタバレ

ワンピース1096話考察「ゴッドバレー」事件が判明?

×

ワンピース1096話考察「ゴッドバレー」事件が判明?

Share this article
5/5 - (1 vote)

ワンピース1095話では、「ゴッドバレー」の過去の一部が明らかになり始めました。 果たして、「ゴッドバレー」消滅の真相とは? この記事で分析してみましょう!

続きを読む:  ワンピース1087話ネタバレ: 革命軍はマザーフレイムにより壊滅する?

「ゴッドバレー」に関する分析記事をいくつか書きましたので、以下のリンクからご覧ください。

ゴッドバレー事件の概要

38年前…どこかの海域に存在したゴッドバレー島という島に天竜人と奴隷達がいたが、そこに当時『最強』の名を欲しいままにしていたロックス・D・ジーベックとロックス海賊団が襲撃してきた…

ワンピース1096話考察「ゴッドバレー」事件が判明?

ちょうどそこに居合わせたという海軍のガープと海賊のロジャーが手を組み、天竜人とその奴隷達を守る為にロックス海賊団と戦った…!

ガープとロジャーがロックスを倒し、島は救われたが、その島はそれ以来海から消えてしまった…

ガープはそれ以来、海軍の英雄と呼ばれるようになり、ロジャーは後に海賊王になった…

それが元・海軍元帥センゴクが若い将校達に語ったゴッドバレー事件の概要ですが、結局、その島には何があったのかというのを若い将校達も気にしていましたが、センゴクは深く詮索しない方が身のためだと言っていましたね…

続きを読む:  ワンピース1099話ネタバレ考察: ボニーとコニーの関係は?

ロックスは何を目的にその島を襲ったのかというのが非常に気になるわけですが、やはり狙いは『天竜人』でしょう…

天竜人を殺害するか誘拐するかというような、何らかの形でその身柄を狙ったものと思われますが、第1095話では、ついにそのゴッドバレー島にスポットが当たる事になるようです…

ロックスの狙いは何だったか、ガープとロジャーは何故そこに居合わせたのか?

何故、ゴッドバレー島そのものが忽然と消えてしまったのか…?

若きガーリング聖と五老星?

第1095話では過去のゴッドバレー島にスポットが当たるわけですが、そこにはまず若きフィガーランド・ガーリング聖がいるようです。

ワンピース1096話考察「ゴッドバレー」事件が判明?

第1095話で描かれる過去のゴッドバレー島の様子が38年前のゴッドバレー事件当日かどうかはまだ分からないわけですが、今、過去のゴッドバレー島が描かれるという事は、個人的にはゴッドバレー事件の真相が描かれる事になる
以外に考えられない…

若きガーリング聖は髪型が違うだけでシャンクスとそっくりらしいので、それはシャンクスの出生が明らかになる事を暗示しているでしょうし、マリージョアに現れ五老星と会っていたシャンクスらしき人物の正体や、神の騎士団のシルエットの中にシャンクスに似た人物がいる事の答えにも繋がるでしょう…

また、個人的にはガーリング聖だけでなく、今の五老星達の若い頃の姿も描かれる可能性もあるんじゃないかと思っていたのですが…

続きを読む:  ワンピース 1084 を評価し、ワンピース 1085 を予想する

第1095話では38年前のサターン聖の姿が描かれるようで、その姿は今とほとんど変わりないようです…
しかし、どのような身分であるのかはまだ分からない…

過去にも書かせて頂いていますが、五老星は元・神の騎士団の騎士だった可能性があるように思え、ガーリング聖と今の五老星達は仲間だったんじゃないかと思うんですよね…

サターン聖の顔面の傷、またピーター聖の胸の傷など、天竜人の最高位である彼らがどこでそんな傷をつけたのかと思うような傷を持っているのも、ゴッドバレー事件によるものではないかと思っていますが、サターン聖はどうやら38年すでに傷はあるようですね…

神の騎士団は『戦う天竜人』という感じの武闘派集団だと思いますが、彼らが何者であるかというのも、ゴッドバレー事件で明らかにされるかと思います。

ゴッドバレー事件は後の世に大きな影響を与えたかと思いますが、歴史の闇に埋もれたその事件はある意味、時代の変革…分岐点だったのではないかと思うんですよね…!

38年前の変革

ロックス・D・ジーベックという海賊が現れるまでは、おそらく世界制覇とか世界の王になろうとするような海賊などいなかったんじゃないかと思います。

 

ロックスは夢敗れ滅びたわけですが…

それ以来、世界にはロックスに似た野望を持つ海賊達が現れるようになり、また、ロジャーのように世界一周を夢見たり、世界の秘密を知ろうとする者達が現れ、大海賊時代の到来という世界に大きな変化が訪れた…

五老星の五人も、ゴッドバレー事件後に五老星になった可能性が高いんじゃないかと思え、ロックスとゴッドバレー事件は確実に世界が変わるキッカケになっているはずです!

38年前に起こったその変革は歴史の闇に隠され、今はほとんどの人が知らないような事件だと思いますが、消えたゴッドバレー島には確実に何かがあったものと思われます。

事件があった後、島が封鎖されたりするだけなら理解できますが、消えてしまうというのは明らかにおかしい…

島が消えてしまった事も今の歴史に関係しているのではないかと思いますが、個人的にはゴッドバレー島=古代兵器ウラヌス=マザーフレイムというような事もありうると思うんですよね…

ゴッドバレー島は資源豊富な島であるようですが、その資源の正体次第ではそう言う事もありそう…

ルルシア王国を滅ぼした超兵器の正体は、38年前に忽然と消えたゴッドバレー島だったりするかも知れないなと思うと、ある意味、島が消えた事もこれからの世界の変革に繋がることなんじゃないかと思いますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です