ワンピースネタバレ

ワンピース1087ネタバレ: フィガーランド・ガーリング聖はシャンクスの父親!?

×

ワンピース1087ネタバレ: フィガーランド・ガーリング聖はシャンクスの父親!?

Share this article
4.5/5 - (2 votes)

ワンピース1087ネタバレ: フィガーランド・ガーリング聖はシャンクスの父親!?

第1086話では神の騎士団のリーダーが登場するようですが、その人物の名はフィガーランド・ガーリング聖というようです…!映画「ワンピース フィルム: レッド」では、シャンクスの姓が「フィガーランド」であることが明らかになりました。フィガーランド・ガーリング聖はシャンクスの父親!?

続きを読む:  ガープの敗北は世界にどう影響する?|ワンピース1089話ネタバレ

ワンピース1087ネタバレ

ワンピース1087ネタバレ: フィガーランド・ガーリング聖について

神の騎士団の最高司令官フィガーランド・ガーリング聖の見た目は、おそらく五老星達と同年代くらいの年齢…つまり老人に見えますね…

フィガーランド

五老星はおそらくガープやセンゴクと同年代くらいではないかと思いますが、それからするにガーリング聖も同年代だろうと思えます。

髪型と髭が非常に特徴的で、何か整髪料をつけているのか、シルエットにしたら頭部が三日月に見えるだろうフォルムであり、サングラスをかけていますが、おそらくはかなりハンサムだろうかと思います。

細身で手足が長いですが、おそらくはかなりの長身ではないかと思います。
個人的には3メートル前後くらいなんじゃないかと思いますが、腰にはおそらくはかなりの業物だろう長剣を帯びています。

また、天竜人はイム様と五老星以外は白い宇宙服みたいな衣裳を身につけていますが、彼は黒塗りされた衣装ですから、黒か赤だろうかと思いますね…

帯剣しているところからして剣士タイプだろうかと思いますが、見た目に強さを感じさせるビジュアルですね…!

彼はゴッドバレー事件で活躍した『王者』と紹介されているようですが、どうやら魚人達を守る為にサイとレオにチャルロス聖への攻撃を指示したミョスガルド聖を裁き、処刑してしまったようで、天竜人達はその様子を見てガーリング聖に歓声をあげています。

続きを読む:  【未確認】ワンピース1091話ネタバレ: 仏陀の光

それからして、ガーリング聖は天竜人達から英雄視されているように見えますが、ミョスガルド聖に対してゴミに味方するような奴は…と言っていますから、おそらく中身は典型的な天竜人だろうかと思いますね…

典型的な天竜人が戦闘能力も高いというのは最悪だと言えますが、彼は一体どれほど強いのでしょうか?

ワンピース1087ネタバレ: ゴッドバレー事件の英雄の強さは?

ドラゴンは革命軍最大の敵は神の騎士団だと見ているようですから、神の騎士団が海軍やCPよりも手強い相手だと考えているのは間違いない…

だとしたら、そのリーダーであるガーリング聖は、やはり四皇級の怪物でしょうね…

過去にも書かせて頂きましたが、元々は天竜人であるドフラミンゴが覇王色を備えていた事を考えると、やはり最初の20人の血筋は覇王色を伝える血統であり、イム様や五老星も戦えばかなり強いという事が実証された今、ガーリング聖は覇王色を備え、更に纏えるというカイドウ流に言えば『一握りの強者』の一人であろう事は確実ですね!

先程も書かせて頂きましたように剣士タイプだと思いますが、おそらくミホークやゾロのように剣技に拘る生粋の剣士ではなく、ロジャーやシャンクスのようなタイプだろうかと思いますね…!

また、頭部のシルエットが三日月に見えるようなところから、持っている剣の名前が『月光』とかそんな感じかも知れないですし、月の字が入った言葉を技名にしていたりするのかも?

また、何らかの能力者である可能性を感じますが…

続きを読む:  ワンピース1087ネタバレ: 革命軍VS神の騎士団の戦いが始まる! ?

五老星は火星、水星、木星、金星、土星を名前に持っている事が明らかになりましたが、ガーリング聖は月に当たるのかも?

ツキツキの能力とかがあるのかは分からないですし、あったとしてもどんな能力か今は想像もつかないですが、もしかしたら能力に関係がかるのかも?

ちなみにカジアーノ&ガーリングという紳士靴のブランドがあるようですが、元ネタはそれかなと思いますね…

おそらく五老星と同格くらいの実力者だと思いますが、気になるのはシャンクスとの関係ですよね…

ワンピース1087ネタバレ: シャンクスの実父の可能性?

神の騎士団のリーダーが『もう一人のシャンクス』という予想は見事に外れてしまいましたが、あのシルエットからして『もう一人のシャンクス』が神の騎士団のメンバーとして在籍している可能性はあり得ると思います。

また、シャンクスがフィガーランド家の人間だと言うのはまず間違いないでしょうが、ガーリング聖はシャンクスの実父なんじゃないかと思いますね…

彼はゴッドバレーの英雄みたいですから、ゴッドバレー島にいたのでしょうが、そこに生まれたばかりの子供がいても不思議ではないでしょう…

その息子が双子だったという可能性はあり得ると思いますし、片方はロジャー達に保護され片方はガーリング聖が連れ帰ったとか…

もしシャンクスの実父がガーリング聖なら、おそらく最悪と思えるような戦闘能力を持っているでしょうね…

また、仮にもう一人のシャンクスがガーリング聖の息子であり部下として神の騎士団にいるなら、もう一人のシャンクスが火ノ傷の男だと言う可能性はまだあるように思います。

もう一人のシャンクスがシャンクス並みに強いのなら、ロード・ポーネグリフを預けて守らせるくらいはありそうですからね…
ガーリング聖の年代的にも充分にあり得ると思いますが…

フィガーランド家はおそらく空白の100年時代から最強であり、今日まで天竜人の守護神であり英雄だと言う可能性は高いと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です