マンガ

ブルーロック221話ネタバレ: スナッフィー率いるイタリアの反撃!

×

ブルーロック221話ネタバレ: スナッフィー率いるイタリアの反撃!

Share this article
この post を評価します

ブルーロック221話ネタバレ: スナッフィー率いるイタリアの反撃! 2023年6月14日(水)発売の週刊少年マガジン(2023年27号)に掲載しているブルーロック221話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

続きを読む:  推しの子125.5話 - 読んで議論する

ブルーロック220の概要

前回のブルーロックでは、カイザーが試合のゲームチェンジャーとなりました。

雪宮が援護に来ていることに気が付いた潔は、雪宮にパスを出します。

しかし、その間にロレンツォが割り込み、ボールを奪いに現れます。

突然現れたロレンツォへの対応ができない雪宮ですが、ロレンツォのマークが外れたカイザーが、潔が出したパスに喰らいつきます。

イタリアの面々がシュート妨害に来ますが、カイザーはそれを軽く躱し、ボールをバウンドさせたカイザーインパクトを放ち、ドイツが2得点目を決めます。

ブルーロック221話ネタバレ:ドイツは3点目を決められる?

カイザーが得点を決めたことで、現在のスコアは2-1となっています。

ネオ・エゴイストリーグは3点先取で勝利になるため、ドイツがあと1点決めればドイツの勝利で試合終了です。

しかし、まだイタリアの指導者スナッフィーが試合に出場していないこともあり、最後の1点を決めるのは容易ではないでしょう。

ブルーロック221話ネタバレ: 潔はカイザーに勝てる?

この試合で、潔とカイザーはそれぞれ1点ずつ決めています。

潔は自身のゴールであと1点を決めることができるでしょうか。

カイザーにはロレンツォのマークが付いているものの、カイザーが決めたゴールは段違いの実力を見せつけました。

しかし、あと1点を決めればドイツの勝利も決定するので、最後は潔にゴールを決めて欲しいですね。

ブルーロック221話ネタバレ: 馬狼が得点を決める?

イタリアの1点目は馬狼が決めていますが、それ以来、馬狼の活躍がありません。

ドイツにあと1点決められると試合終了となるので、まずは同点に追いつきたいところです。

馬狼は前回の試合でハットトリックを決めているため、この試合でも更なる得点が期待できるでしょう。

イタリアが点を取るのであれば、馬狼のゴールで決めて欲しいですね。

ブルーロック221話ネタバレ: 二子のメタ・ビジョンは進化する?

二子は潔とのメタ・ビジョン勝負に敗れ、現時点では潔に「まだ二流」と言われる程度の能力です。

続きを読む:  ベルセルク 374話 Raw – 読んで議論する

しかし、二子のメタ・ビジョンはまだ開花したばかりの能力で、潔に能力のことを教えられるまでは能力の理解もよくできていないようでした。

ブルーロック221話ネタバレ: 潔は愛空にメタ・ビジョンで勝てる?

愛空はドイツとの試合の中で、メタ・ビジョンを習得しました。

メタ・ビジョンを使えるようになったのは二子の次ですが、愛空は元々かなりハイレベルな空間認識能力とサッカーIQを持っています。

更に、ブルーロック対U-20日本代表の試合では、FLOWに入ることで自身と相手の動きをすべてデータ化するという圧巻のプレーを見せています。

潔は二子とのメタ・ビジョン勝負では一度勝利していますが、愛空との勝負となるとかなりやっかいそうですね。

ブルーロック221話ネタバレ: ネスが交代する?

ロレンツォの妨害によってカイザーが思うようなプレーができておらず、ネスはかなり焦りを感じています。

最近は、それがプレーにも悪い影響を与えているように見えます。

このまま目立った活躍ができず、チームに貢献できていないままの場合、交代となる可能性が高いでしょう。

ブルーロック221話ネタバレ: ドイツは個人技だけで勝利できる?

潔はイタリアに団体技ではなく個人技であれば上回ることができると考えているようですが、これで試合に勝利することができるのでしょうか。

確かに潔の成長速度は著しいものがありますが、イタリアのメンバーもこれまで以上の実力をつけています。

ブルーロック221話ネタバレ:ドイツが新しい連携を生み出す?

今のところ、ドイツチームの連携が機能しているのは潔と黒名、カイザーとネスのラインです。

ですが、これだけではイタリアの戦略から逃れることができず、簡単にボールを奪われてしまいます。

ドイツはこの戦略への対策が不可欠です。

ブルーロック221話ネタバレ: カイザーの過去が明らかに?

前回のブルーロックで、新世代世界11傑の1人であるロレンツォの過去が明らかになりました。

しかし、同じく11傑のカイザーの過去は明かされていません。

試合中の描写は多いですが、まだまだ謎も多いキャラクターなので、今後カイザーの過去についても描かれることを期待しましょう。

ブルーロック221話ネタバレ: ネオ・エゴイストリーグの得点王は?

ネオ・エゴイストリーグで得点王となるのは誰でしょうか。

現時点では、ハットトリックを決めてドイツ戦でも既に1点を決めている馬狼の可能性が高いと思います。

他にもカイザー、國神、蜂楽、糸師凛は得点力が高く、ネオ・エゴイストリーグでも既に2ゴール以上決めています。

ブルーロック221話ネタバレ: イタリアの戦術に対する策は?

スナッフィーが生み出した戦略はいくつもあり、今後もそれに苦しめられるでしょう。

続きを読む:  推しの子146話 Raw – 読んで議論する

イタリアのハイプレスに対して、潔のメタ・ビジョンも使う暇がないという描写があったので、何か対策が必要です。

ブルーロック221話ネタバレ: 雷市の活躍は?

イタリア戦では、ネオ・エゴイストリーグで今まで試合の出場がなかった雷市がスタメンで出場しています。

イタリア戦の前には、イングランド戦で高い年俸がついた潔に対して闘志を燃やしていました。

やっと試合出場の機会を得ることができたので、雷市が活躍するところを観たいですね。

また、大活躍を見せることができれば、雷市にも高年俸がつくことが期待できますね。

ブルーロック221話ネタバレ: スナッフィーが試合に出場する?

潔の活躍もあり、現時点では試合の良い流れがドイツに来ています。

ネオ・エゴイストリーグのルールでは、指導者が3分間出場することができます。

この試合の流れを変えるためにも、イタリアのマスターストライカーであるスナッフィーの試合出場があるかもしれません。

勝利を運ぶ「王冠配達士(クラウン・メッセンジャー)」の異名があるスナッフィーの出場があれば、試合に大きな影響があることは間違いないですね。

ブルーロック221話ネタバレ: 氷織は試合に出場する?

イングランド戦が終わってから、氷織の過去回想があり、氷織がサッカーが嫌いだという思いがあることが分かりました。

氷織にフォーカスが当たったことからイタリア戦への出場が期待されましたが、スタメンでの出場はありませんでした。

しかし、ネオ・エゴイストリーグでは交代枠に制限がありません。

よって、今後イタリア戦に出場する可能性も大いに期待できます。

ブルーロック221話ネタバレ: ロレンツォの年俸は?

カイザー、冴に次いで3人目の新世代世界11傑として登場したロレンツォ。

その年俸はまだ明らかになっていません。

あのカイザーから一撃でボールを奪うことに成功しているので、カイザーと同じ3億かそれ以上の年俸がついていることが予想されます。

ブルーロック221話ネタバレ: 不乱蔦と絵心が約束したあの話とは?

絵心はBLTVの許可を得るために不乱蔦と何か約束をしたということが明らかになりました。

不乱蔦はサッカーをビジネスと考えているため、話題性のある企画が用意されていると考えられます。

以前ブルーロックvsU20日本代表の試合があったように、次はJリーグの代表チームやよりハイレベルは相手との試合が計画されているのかもしれません。

ブルーロック221話ネタバレ: 潔の覚醒が止まらない?

マンシャイン・C戦で一番活躍したであろう潔。

この試合で「主人公感」の大切さをしり、それをメタビジョンと掛け合わせることで相手の思考を把握していきましたね。

あのノエル・ノアですら、潔に協力する姿勢をみせていたので、少しずつ認められていることは間違いありませんね。

しかし試合はまだまだ続くので潔の覚醒は止まることはないでしょう。

この勢いで成長を続けるとブルーロックが終わるころには、ワールドクラスになっていると思います。

潔の今後の活躍にも注目です!

ブルーロック221話ネタバレ: ネオ・エゴイスリーグの勝敗は?

今回の試合結果を含めた勝敗を一度整理してみようと思います。

ドイツ スペイン イタリア フランス イングランド
ドイツ
スペイン × ×
イタリア ×
フランス
イングランド ×

潔がいるドイツ:バスタード・ミュンヘンが2連勝ということでかなり調子がいいですよね。

しかし、このネオ・エゴイストリーグは、勝敗よりも試合内容によって個人のランキング順位を上げていくものです。

潔は大活躍していますが、ストライカーとして点数を決めれてはいないのでこの辺りがどうランキングに影響するのか…。

次の試合ではゴールを決めてくれるのか楽しみになってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です