キングダム

キングダム799話ネタバレ: 倉央と糸凌は青歌軍入り?

×

キングダム799話ネタバレ: 倉央と糸凌は青歌軍入り?

Share this article
5/5 - (2 votes)

キングダム799話ネタバレ: 倉央と糸凌は青歌軍入り? 理想的な『国家』とも感じられる青歌に行けば二人も青歌を好きになるのではないかと思いますし、倉央はカン・サロに投降しているわけですから、その生殺与奪の権はカン・サロにあるはすで、カン・サロはやはり二人を部下にするつもりなんじゃないかと思いますね…

キングダム797話 がここに投稿されました。読んで議論するためにアクセスしてください。➡ キングダム797話 Raw – 読んで議論する

キングダム799話ネタバレ

キングダム799話ネタバレ: 倉央と糸凌は青歌軍入り?

倉央と糸凌は青歌軍入り?

カン・サロの粋な図らない…とも感じてしまうような倉央と糸凌の再会が描かれましたが、やはりカン・サロは糸凌を非常に高く評価していた事が改めて明らかになりましたね…

続きを読む:  キングダム784話ネタバレ考察: ついに大量虐殺が始まる

しかし、倉央の愛が本物であり、彼が死を覚悟して戻ってきたからこそ実現した再会とも言えます…

二人はもう決して離れないと改めて心から誓うかと思いますが、カン・サロは二人を秦に帰国
させるほどお人好しではないでしょう…

糸凌は左手を取られたとは言え丁重に扱われている様子を見て、おそらく糸凌はこのまま青歌に行き、青歌軍の将として生きる事になるような話になっていたのではないかと思います。

元々傭兵ですし、糸凌が尽くしていたのは倉央でしたしね…

おそらく倉央はもうカン・サロには頭が上がらない…というか、カン・サロに惚れ込むようになるのではないかと思われ、おそらく糸凌と共に青歌軍入りするのではないかと考えます。

倉央がカン・サロに忠誠を誓えば糸凌もそうなるでしょうし、カン・サロが糸凌を部下にしようとしているなら、倉央とセットの方がより能力を発揮するだろうとも考えるでしょう…

ジ・アガを奪った二人ですが、二人ならジ・アガの穴埋めにもなるのではないでしょうか?

そういう展開になれば、二人は秦国の敵にはなるものの、仕えるのは趙ではなくて青歌ですからね…

理想的な『国家』とも感じられる青歌に行けば二人も青歌を好きになるのではないかと思いますし、倉央はカン・サロに投降しているわけですから、その生殺与奪の権はカン・サロにあるはすで、カン・サロはやはり二人を部下にするつもりなんじゃないかと思いますね…

続きを読む:  キングダム775話ネタバレ: 李牧の真の狙いは秦中央軍崩壊?

このまま二人を秦に返す展開もあるかも知れないですが、それは流石に聖人すぎますよね…

また、王翦はあのまま帰国しているものと思われますが…

王翦と嬴政

王翦はおそらく秦に帰国し、数日は休息を与えられるかと思いますが、やはり敗軍の総大将として嬴政に召喚され、詳細を報告するよう求められるでしょう…

王翦は敗因をどのように語るでしょうか?

倉央は王賁に王翦の敗因について自分の見解を述べ、それは殿もわかっているだろうと言っていましたが、やはり、それをそのまま敗因として語るでしょうね…

しかし、やはり最大の敗因は青歌軍の強さが想像の遥か上を行っていた事が一番大きいはず…

王翦は李牧との知恵比べに敗れたわけではなく青歌に敗れたと説明し、おそらく、現状それをどうこうできるような策はないと嬴政に語るねかではないかと思います。

なら、青歌が参戦する可能性がある限り趙には勝てない…つまり中華統一が詰んでしまう事になるわけですが、おそらく王翦はそれなら戦わせなければいいともいうでしょうね…

番吾の戦いでは、李牧が戦を複雑な形にしない為に飛信隊と玉鳳隊を封じたわけですし、王翦はもっと大きな視点で趙と李牧・司馬尚を離間するという策を提示するのではないかと思いますね…

続きを読む:  キングダム781話ネタバレ考察: 田里弥は亜光を救えるのか?

王翦は自分も立て直さないといけないわけですが、まずは国に立ち直ってもらわないと戦争もできない…

昌平君から立て直しの策を持っていない様子でしたが、やはり王翦が先に韓を滅ぼし、その国力を併呑し、また、それにより士気を上げるべきだと提案するのではないかと思いますね…

しかし、王翦はしばしの休息を望むと思われます…

今回、王翦は全てを失い、残ったのは関係がよくない息子だけですからね…

また、信はどのように動くでしょうか?

信の成長は?

信は今回の戦では全くいいところが無かった…

王翦から期待されていたと自覚する一方、李牧からマークされ、まんまと戦から外されてしまい何もできなかった…

信は今回の戦で李牧に拘り過ぎたのかも知れないなと感じます。

戦の目的は李牧を倒す事ではなく、趙に勝ち、趙を滅ぼす事であるはずで、信はある意味、戦の目的を見失っていたとも考えられるでしょう…

信はそこに気づく必要があるかと思います。

目的が李牧打倒ではないとわかっていたなら、あそこまでまんまと李牧の罠に嵌まらなかったはずですしね…

そういう視点でものを見るには、やはり本格的に兵法・軍略を学ぶ必要もあるでしょう!

本能型とは言えども、本当に李牧に勝ちたいなら、基礎は必要だと思いますし、中華統一を果たすには矛を振るうだけではダメだと思いますね…

やはり王賁や蒙恬のように、自分が総大将だというような意識で、自分が全軍を動かす立場ならどうするという考え、また視点でものを見れるようにならないと、それこそまだ龐煖と変わりない…

信が韓との戦に参加するのかはわからないですが、韓は秦に降伏して滅びる…

その様子を間近で、実際に自分の目で見る事で信は更に上のステージに立てるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です