キングダム

キングダム797話 Raw – 読んで議論する

×

キングダム797話 Raw – 読んで議論する

Share this article
3.1/5 - (34 votes)

キングダム797話 Raw – 読んで議論する | キタリにとっては今回の戦の勝ち負けはおそらく全く関係なく、ただ壁を助けられたならそれ以上の戦果は無いというところだと思います。

キングダム796話 がここに投稿されました。読んで議論するためにアクセスしてください。➡ キングダム796話 Raw – 読んで議論する

キングダム797話のネタバレ考察記事を書きました、その記事はこちらから読めます。➡ キングダム797話ネタバレ考察: 壁とキタリの再会について

image

壁とキタリの再会

キングダム797話は、壁とキタリがまともに再会するシーンからでした。

続きを読む:  キングダム762話 Raw を読む: 通常の正当性

山の民のその風貌にすぐに味方だと認識できた壁と捕虜たち。

同じ山の民のナジャラ族も捕虜とされていたらしくキタリに壁を守ったと言うよりは逆にこの中では壁に守られたと報告をしています。
壁はまた1つキタリへの好感度を上げたかもしれませんね。

キタリの馬に引き上げてもらい乗せてもらう事になった壁にキタリは壁の激やせ具合に内心驚いています。
壁はどうやらナジャラ族に山の民の言葉を獄中で学んでいたらしくキタリと山の民の言葉で会話を交わします。

そして城門が閉じられる寸でのところをメラ族に救われた捕虜たちは突破を試みるのでした。

全軍退却

何とかギリギリで城内に閉じ込められることから逃れたメラ族と捕虜たち。

山の民の攻城兵器ともいえる猿手族もうまく脱出に成功したようです。

壁に捕虜たちはキタリ率いるメラ族に感謝の気持ちでいっぱいのようです。
そりゃ明日からもまた労役の日々をと考えると地獄から天国ですものね。

続きを読む:  【確定】キングダム784話ネタバレ: 王翦軍奮闘

そして壁たちに正式に秦軍が完全敗北したことを告げられ敵だけでなく味方の口からも聞き現実だと知らされるのでした。

壁の山の民の言葉はまだつたないらしくナジャラ族に通訳してもらいキタリに伝えてもらいますが、ナジャラ族は面白おかしく通訳しキタリに変な誤解を与え壁は馬からおろされそうになりますが…。

どうやら壁はキタリから叩き落されずにすんだようでキタリの後ろに乗せてもらえたまま退却を出来たようでした。

咸陽の落胆と倉央の離脱

秦軍は王翦本体に楊端和軍に飛信隊も滞りなく退却をしていき何とか無事に国境付近までたどり着いた様子。

そして咸陽にも王翦敗戦の報が届き、政を始め閣僚の面々は皆大きなショックを隠し切れずにうなだれてしまうのでした。

長年積み重ねてきた中華統一への道がこの敗戦で砕け散ったような気持ちになったからであるのは言うまでもありませんが…。

そして場面は再び敗走中の王翦本陣と玉鳳軍へ…。

王賁は倉央と此度の敗戦について考察をしていましたが、私も過去記事で書きましたが、やはり敗因は複雑な戦いが得意な王翦を極単純な小細工を労することが出来ないような単純な戦いに導かれた事だと倉央は言います。

王賁は亜光、麻鉱、田里弥を失った父にはもう倉央しかいないので父の事を宜しく頼むと伝えますが…。

続きを読む:  キングダム790話ネタバレ考察: カン・サロと楽彰への対応は?

倉央は自分にはどうしてもやらなくてはいけないことがあるので申し訳ないがここで隊を抜けると言うのでした。

キングダム797話はここまででしたが、倉央にまで去られてしまえば王翦軍はいったいどうなってしまうのでしょうか?

素直に王賁の玉鳳がそのまま王翦軍入りともならないでしょうし…。
今後の展開が非常に気になります!

Responses (8)

  1. 倉央が第一将、王賁が第二将、壁が第三将を予想してたんだが糸凄の仇討ちにいくのか…..

  2. 国境付近てことはまだ追っ手がくるから何人か引き連れて残る感じかなあ。ソウオウもやっぱり死ぬのね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です