キングダム

キングダム797話ネタバレ考察: 壁とキタリの再会について

×

キングダム797話ネタバレ考察: 壁とキタリの再会について

Share this article
4.2/5 - (5 votes)

キングダム797話ネタバレ考察: 壁とキタリの再会について | キタリが番吾城に向かったのは、明らかに壁を助ける為だったと思われましたが、第796話のキタリの言動を見ても改めて明らか…

キングダム796 がここに投稿されました。読んで議論するためにアクセスしてください。➡ キングダム796話 Raw – 読んで議論する

キングダム797話ネタバレ考察

キングダム797話ネタバレ考察: 壁とキタリの再会について

壁とキタリの再会について

キタリが番吾城に向かったのは、明らかに壁を助ける為だったと思われましたが、第796話のキタリの言動を見ても改めて明らか…

続きを読む:  キングダム762話ネタバレ: 韓非子の『矛盾』がキーワード?

キタリにとっては今回の戦の勝ち負けはおそらく全く関係なく、ただ壁を助けられたならそれ以上の戦果は無いというところだと思います。

楊端和もそれを分かっているからこそキタリを放置していたかと思いますし、まさか王翦がこんなに呆気なくアッサリと敗けてしまうとは夢にも思っていなかったでしょう…

壁とキタリは再会は果たしたわけですが、それを喜び合えるような状況ではない…

また、せっかく再会できたのですから、こんなところで死んでしまうわけにもいかないですから、二人とも生き延びる事に集中するでしょうね…

壁は山の民にも好かれていて、今は楊端和の配下のような立ち位置にあると思いますが、壁を保護できた今、退却を口にしていたメラ族の戦士達も壁また捕虜達を救う為に必死になるだろうと思います。

壁は優しく誠実な人柄が山の民の信頼を得ているのだと思いますが、直属の部下達も同様で彼の将軍としての強みも、その人柄にあると思います。

楊端和軍の中でも欠くべからざる人材だと思いますし、おそらく、誰もが壁を生きて帰国させようと必死になるはず…!

しかし、敵からするに秦軍は鬼畜以下とも認識されているわけですし、壁達に対する仕打ちを見ても敵が簡単に壁達を逃してくれるわけなどないですよね…

戦勝ムードで勢いに乗っている今は余計に士気も高く、壁達が逃げきるのは困難を極めそうですが、一体どうやって楊端和あるいは秦軍と合流するのでしょうか?

捕虜達が殿として残る?

捕虜達は誰もが生きて国に帰りたいはず…

続きを読む:  キングダム781話ネタバレ考察: 田里弥は亜光を救えるのか?

だからこそ、一か八かの決起をしたはずだと思いますが、捕虜達の中には国に帰っても家族がいないような者達もいるでしょう…

また、壁の人柄に惚れ込んでいる者達も少なくないはず…

おそらく、捕虜達の中で国に帰っても帰るべき家族がいないような者達が自ら壁として…殿として番吾城内に留まり、キタリとメラ族に後を任せるような形で、壁や家族のいる捕虜達を優先して逃がそうとするのではないかと思いますね…

第796話では、最後まで必死に戦い誰かが生き残れば、自分達の戦いは誰かが国や家族に語ってくれると、捕虜として労働の中で死ぬよりは戦って死んだ方が本望だというような者達が多くいました…

彼らからすれば、誰かを生き残らせ、自分達の戦いを語ってくれるなら、それに命を賭ける価値はあると言う事なんですよね!

壁からすれば、そんな事は将として受け入れないかとも思えますが、それは王翦とて同じでしょう…

優れた将軍、また慕っている主を生きて帰国させるというのは戦場で戦って手柄を立てるのと同じ事であり、捕虜だからと言って助けられるだけでなく、手柄を立てられるんですよね…

キタリとメラ族、猿手族は壁や他の捕虜達を守らねばならないですから残る事はないと思いますので、おそらく志願した捕虜達が殿として番吾城内で必死に敵を食い止めるという展開になるのではないかと思いますね…

もはや番吾城に更なる援軍が来る可能性はほぼゼロですしね…

しかし、番吾城から脱出できたとしても全軍退却中の秦軍にどうやって合流するのでしょうか?

続きを読む:  キングダム769話ネタバレ: 李牧と司馬尚の関係は?

楊端和は待ってくれているようですが…?

壁の強運炸裂?

壁の将軍としての武器は人柄だけでなく、それなりの優秀さ、また、持って生まれた強運にあるかと思います。

今の状況から生きて帰国できたとしたら、それはまさに『奇跡』としか思えないような状況でもあるかと感じられますので、それにはやはり運が必要だとも思えるんですよね…

李牧は中央から五千の兵を番吾に向けて走らせているわけですが、それと勝ち合うような事が無ければ望みは出てくるでしょう…

もしかしなら、趙軍の中央から五千の兵が移動するのを知った楊端和が、今それがあるという事は番吾でキタリが何かをしたと判断し、キタリ達を迎える為に援軍を送ると可能性も出てくるでしょう…

相対するのが舜水樹率いる李牧ファミリーですから甘くないでしょうが、骨民伯の軍は穴でしょうからね…

退却中ですから普通ならあり得ない展開だとは思えますが、それを引き寄せるのが壁の強運ではないかと思います…!

強運強運と書いていますが、その強運は命…生命力に直結しているものですよね…

強運も、生きているからこそ発動するものですし、壁のもう一つの武器はもしかしたら渋とい生命力だったりするのかも?

そこは弟分とも呼べる信と似た部分ではあると思いますが、今の状況から生き残れたなら、単に生き残るだけでなく、天から与えられた使命みたいなものが壁にはあるという事になるような気もします…

もしかしたら、この先、壁にはまだまだ伸び代があり、楊端和の下で何か大きな手柄を立てるような事があるかも知れないですし、キタリと結ばれるような展開もあるような気がします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です