呪術廻戦

呪術廻戦 261話ネタバレ: 六眼を持つ五条悟の亡霊の正体とは?

×

呪術廻戦 261話ネタバレ: 六眼を持つ五条悟の亡霊の正体とは?

Share this article
2.6/5 - (5 votes)

呪術廻戦 261話ネタバレ: 六眼を持つ五条悟の亡霊の正体とは? ただし259話では、冥冥の烏・領域内の人間を、東堂の術式で入れ替えて領域外へ脱出させるという作戦が、決戦前に東堂・冥冥の二人の間で立てられていたことが判明しました。

呪術廻戦 260 をまだ読んでいない場合は、次のリンクにアクセスして無料で読んで議論することができます。➡ 呪術廻戦 260話 Raw – オンラインで無料で読む

呪術廻戦 261話ネタバレ

呪術廻戦 261話ネタバレ: 六眼を持つ五条悟の亡霊の正体とは?

新宿決戦の状況のおさらい

新宿決戦のマッチアップ
虎杖悠仁


東堂葵


(五条悟の亡霊?)

VS 両面宿儺

新宿決戦では、宿儺が「カミノ」「フーガ」による最終奥義を放った結果、焦土となった戦場に虎杖だけが残る結果となりました。
ただし、虎杖・宿儺が対峙する場には東堂も姿を現し、260話にて虎杖・東堂VS宿儺という戦いが描かれる流れへと移行しています。
また、再び領域展開を発動しようとした宿儺は、最強「五条悟」の亡霊を目にすることに。

領域内にいた高専術師の現状とは?

死亡したキャラ
脹相
現状不明となっているキャラ
禪院真希 三輪霞 猪野琢真

領域「伏魔御廚子ふくまみづし」の範囲内にいた上記の面々は、死亡した脹相以外、現在の生存・死亡状況は不明となっています。
ただし259話では、冥冥の烏・領域内の人間を、東堂の術式で入れ替えて領域外へ脱出させるという作戦が、決戦前に東堂・冥冥の二人の間で立てられていたことが判明しました。
また、東堂が領域内の術師を脱出させ、爆心から遠ざける使命を全うしたと言及されたため、真希・三輪・猪野は生きていると言えそうです。

六眼を持つ五条悟の亡霊の正体とは?

パターン1 五条悟本人
パターン2 五条悟本人ではない

260話の最後では、宿儺が手ずから葬ったはずの最強「五条悟」の亡霊を目にしているのが特徴。
この亡霊の正体は不明なものの、上記のような二パターンが考えられると言えるでしょう。
仮に五条悟本人だった場合には、反転術式による治療・「六眼りくがん」の片方を失う”縛り”などによって生き返ったという可能性が考えられます。

亡霊の「六眼」は本物の可能性が高い?

五条の亡霊が登場した際、アオリ文には「その”眼”は紛うことなく。」と記されており、「六眼」が本物だと示唆していると捉えられます。
宿儺が見た亡霊が「六眼」を持っている可能性は高く、五条悟の復活のほかにも、別の人物に「六眼」が発現したパターンも考えられるでしょう。
五条悟の死亡がキッカケとなり、菅原道真の子孫である上、五条家の親戚に当たる乙骨に「六眼」が発現したのかもしれません。

亡霊が五条悟ではない可能性について

乙骨に五条の「六眼」が移植された
「六眼」が五条以外の人物に発現した
降霊術によって五条の魂が降ろされた
幻術のような術式が使用された
五条をベースにして呪骸が作られた

亡霊の正体が五条悟ではないとすると、上記の説などが考えられるでしょう。
「六眼」が本物の場合、家入の手で乙骨に五条の「六眼」が移植されたほか、「六眼」が五条以外の人物に発現したなどという説が挙げられます。
また、渋谷事変で登場したオガミ婆の降霊術のように、五条悟の魂が器の術師に降ろされたというパターンもありそうです。

宿儺の領域展開の行方について

虎杖に心臓を狙われている中、片手で掌印を結んで再び領域展開を発動しようとした宿儺。
五条悟の亡霊を目にしたためか、領域はまだ展開されていないものの、261話以降では領域が展開される可能性があるでしょう。
ただし、仮に宿儺が領域を展開した場合、虎杖・東堂はピンチに陥るため、五条悟の亡霊が宿儺の領域展開を阻むのかもしれません。

続きを読む:  呪術廻戦247話ネタバレ: 新宿の決戦

Responses (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です